いらなくなった服でも売れる?おすすめの処分方法を5つ解説

この記事は約7分で読めます。

気が付いたらいつの間にか着ない服がたまっている、中には購入したけどほとんど着ていないという洋服がたくさんあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

いらなくなった服は捨てる以外にも寄付したり、買い取ってもらったりなど処分する方法は様々あります。

今回は具体的にどのような処分の方法があるのかを解説していきます。

着なくなった洋服があるけど処分方法が知りたいという方、着なくなった洋服を買い取ってくれるオススメの買取店について知りたいという方は是非参考にしてください。

この記事を書いた人
KAKITANI

ブランド鑑定士歴13年。
東京都在住。東京を中心に大阪など各地で買取業務を経験。質屋、販売買取店での勤務を経て現在バッグや時計などブランド全般を取り扱う買取専門店に在籍中。得意なジャンルは時計、バッグ、宝石。
【所持資格】リユース営業士/ファイナンシャルプランナー3級

KAKITANIをフォローする

不要な衣類のおすすめの処分方法

では早速いらなくなった洋服の処分方法について解説していきます。ご自分に合った処分方法を是非見つけてください。

処分方法こんな人におすすめ処分費用おすすめ度手軽さ
ゴミとして処分する早く処分したい人ゴミ袋代(自治体による)
買い取ってもらう楽にお金にしたい人0円+買取金額
フリマアプリを使って売却する少しでも高く売りたい人0円+売上金額-手数料
衣類回収ボックスを利用するリサイクルに貢献したい方0円
寄付をする衣類を通じて寄付をしたい方0~3000円

自治体で燃えるゴミとして処分する

手軽になおかつ早く処分をしたいのであれば燃えるごみとして処分する方法が一番手っ取り早いです。処分費用はゴミ袋代のみですので、そこまで費用もかからずどこかに持って行ったりする手間もありません。

ゴミとして処分する際に一番もったいないのが実はお金になる洋服も一緒に捨ててしまうという点です。数百円程度にならない場合もありますがそれらが積み重なって数千円になる事もあります。

KAKITANI
KAKITANI
お店に持って行く手間や送る手間などが一切不要ですので、最も早く片付く方法です。

リサイクルショップなどで買い取ってもらう

処分方法でもおすすめなのがリサイクルショップなどで買い取ってもらうという方法です。

ユニクロ、ザラなどファストファッションに関しては買い取ってもらえない事もありますが買取の場合は処分費用が掛からず、なおかつお金ももらえます。

ローブランドの衣類でも買い取ってもらえる場合もありますので特にほとんど着ていない衣類が多い方は一度買い取ってもらう事を検討してみてください。

リサイクルショップなどで売却するにあたって一番面倒なのが持って行くのが大変と言う事です。

特に荷物が多い方は持って行くのも大変で査定時間も要します。それでいてほとんどお金にならないのであれば時間がもったいない気がするかと思いますが宅配での売却であれば余計な時間が必要ありませんので為便利です。

KAKITANI
KAKITANI
ローブランドの洋服も買い取ってくれるおすすめのお店は後程紹介します。

フリマアプリを使って売却する

とにかく捨てずにお金にしたいという方はフリマアプリでの売却がおすすめです。フリマアプリでは様々な商品が出品、取引されており衣類も多く取引されています。

様々なものが取引されているフリマアプリはどんなものでも売れる可能性がありますが衣類はサイズなどもありますのでそこまで高くは売れず、送料もかかってしまう場合もあり結果的に手元にはあまり残らなかったという事も多々あります。

また衣類は多く出品されていますので売れるまで時間を要する場合がありますので、急ぎではなく時間がかかっても良いから出来る限り高く売りたいという方におすすめの処分方法です。

衣類回収ボックスを利用する

ユニクロ、H&Mなどでは衣類の回収を行っておりますので、それらを活用するという方法もあります。自社の製品しか回収不可なお店もありますがH&MやZARAはブランドと問わず回収してくれます。回収された衣類はリサイクルされ、新たに生まれ変わりますので地球にも優しい取り組みです。

店舗名対象商品各メーカーの取り組み
ユニクロユニクロかGUの商品ユニクロの取り組み
GUユニクロかGUの商品GUの取り組み
H&Mブランド・コンディション問わずH&Mの取り組み
無印良品無印良品の繊維製品全般(下着・くつ下を除く)無印良品のリサイクルについて
ZARAブランド問わず可能ZARAの衣類回収プログラム

NPO法人などに寄付をする

NPO法人などに寄付するという事も処分方法の一つです。衣類を寄付する事によって海外の子供達への支援として使われたりもします。

活用方法は寄付団体によっても異なり、中には利用する事によってワクチンを送る活動を行っているところもあります。寄付をする場合基本的に送料は負担となり、もしくは申し込み料金に送料・ワクチン代などが含まれているパターンもあり、どちらにしても費用はかかると思っていただいた方がいいです。

衣類を通して恵まれない子供たちへの支援になりますので、お金が多少かかっても寄付したいという方は是非寄付と言う方法もご検討ください。

団体・サイト名詳細費用
セカンドライフ荷物1箱につき1件のワクチンが送られる2100円~2600円
古着DEワクチン1口につきポリオワクチンが送られる3300円
アジアリサイクル貢献活動寄付した物を国内外で販売し、そのお金で様々なサポートをしている送料負担
ブリッジエアージャパン送られた古着が買い取られそのお金で支援される送料負担

幅広いブランドを取り扱っている衣類買取店

衣類を買取しているお店は多々ありますが今回は中でも幅広いブランドを取り扱っている衣類買取店を2社紹介します。どちらも宅配買取での利用が可能ですので買取を検討されている方は是非参考にしてください。

ブランディア

出典 https://brandear.jp/

ブランディアはモデルの菜々緒さんがイメージキャラクターを務める買取ショップで衣類の買取も幅広く取り扱っています。

2021年12月時点で取り扱いブランドは7000を超えています。

万が一値段をつける事ができない場合でも引き取ってもらえますので値段がついたら良いなと言う感覚で利用する事ができます。元々は宅配買取のみを取り扱っていましたが現在は東京、大阪、福岡に店舗も展開しています。

・店頭の際は来店の予約が出来る

・取り扱いブランドが豊富

 

CMなども多く知名度が高い買取店。衣類だけではなくブランド品全般取り扱っていますので使わなくなったものがあればまとめて売却しましょう。

古着.com

出典 https://hurugicom.jp/

古着.comはハイブランドの衣類だけではなくローブランドの衣類も幅広く取り扱っている買取専門店です。

メンズ、レディースだけではなく子供服の取り扱いも行っています。石川県と岩手県に店舗がありますが、宅配での買取も行っていますので近くに店舗がない方は宅配で利用する事ができます。

買取強化などのキャンペーンも行っていますので、キャンペーン時に合わせて売るのもおすすめです。

・ハイブランド以外の衣類も買取を行っている

・買取強化キャンペーンが充実

 

キャンセルの場合は返送費用がかかりますので、事前に買取ができるか確認してから利用するようにしましょう。

【まとめ】ブランドや状態によって処分方法を検討しましょう

以上今回はいらなくなった衣類の処分方法について解説しました。バレンシアガ、ヴィトン、サンローランなどハイブランドの衣類であれば買い取ってもらえますが、ユニクロ、ザラなどファストファッションの場合は買い取ってもらう事が難しい可能性が高い為、回収ボックスに送ったり、寄付などがおすすめです。

ファストファッションブランド、ノーブランド、状態が悪い衣類以外であれば買い取ってもらえる可能性もありますのでリサイクルショップを利用しお金にするのがおすすめです。

ブランドや状態などによって処分方法を変え、ご自分にあった処分方法を是非探されて見てください。

この記事を監修した人
KAKITANI

ブランド鑑定士歴13年。
東京都在住。東京を中心に大阪など各地で買取業務を経験。質屋、販売買取店での勤務を経て現在バッグや時計などブランド全般を取り扱う買取専門店に在籍中。得意なジャンルは時計、バッグ、宝石。
【所持資格】リユース営業士/ファイナンシャルプランナー3級

KAKITANIをフォローする
洋服
モノノワ|現役の鑑定士が運営するブランド買取情報サイト