金買取時の注意点とは?危険なお店の見分け方についても解説

金の売却、買取を検討しているけど売る際に注意した方が良い点や事前に知っておいた方が良い点などはあるのか?など知りたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

例えば金の買取価格はお店によって違うや、手数料がかかるお店もあればかからないお店もあるなど金を買取に出す際に注意した方が良い点はいくつかあります。

注意すべき点を知っておく事で安く売ってしまったり悪質なお店での売却を防ぐ事ができ結果損をする事がなくなります。

また金買取店の中にはとにかく安く買いたたくような悪質な買取業者も実際いますがそのような危険なお店の見分け方についても解説していきます。

特にこれから金の買取を検討している方は注意点を確認してください。

金を買取に出す際の注意点

早速ですが金を買取に出す際の注意点を5つのポイントに分けて解説します。

安く売らないために金相場を知っておく

金を買取に出す際に注意しておきたい1つ目のポイントは『金相場を把握しておくという事です』

金がいくらぐらいで取引されているのか調べておく事でその買取店の買取金額が高いのかどうかを判断する事ができます。

金相場はネットで検索すれば色々なサイトで紹介されていますが日本マテリアル田中貴金属のHP内でも確認する事ができます。

買取相場として表示されている金額は業者間で取引されている金額の為買取金額はその数値よりも安い場合がほとんどですが、金の買取価格は薄利なお店が多く取引相場の数十円から数百円安いお店が多いです。取引相場よりも1000円以上安いお店は平均買取相場よりもかなり安い為他のお店での売却をおすすめします。

手数料がかからないか確認する

2つ目の注意点は手数料についてです。

金・プラチナなど貴金属を買取に出す際お店によっては手数料がかかる場合があります。割合的には手数料がかからないお店が多いですが大手は手数料がかかる場合があります。

買取価格は高いけど手数料がかかる為結果手元に残る金額が安い場合がありますので手数料がかかるかどうかは必ず注意しておきましょう。

 

手数料かかるお店とかからないお店の買取比較例

【手数料がかかるお店】

買取単価¥5,000×重さ100g=合計買取価格¥500,000

合計買取価格¥500,000ー手数料¥15,000=手元に残る金額¥485,000

【手数料がかからないお店】

買取単価¥4,900×重さ100g=合計買取価格¥490,000

 

上記の様に1g当たりの買取単価は高いけど結果手元に残る金額は手数料がかからないお店の方が高い場合があります。

また手数料がきっちりと決まっているお店であれば安心ですが中にはその日の相場に応じて手数料が異なるお店や品物によって手数料が異なるお店もありますので注意しましょう。

重さをごまかされないために自分でもはかっておく

3つ目の注意点は重さの確認についてです。

金を売りに出す前に自分でもどれくらいの重さがあるか確認しておきましょう。自宅の量りでは正確ではない場合もありますが全く重さをわかっていないより大体どれくらいなのか知っておくのはとても大切です。

悪徳なお店では金の重さをごまかして買取金額を提示する可能性もありますので事前に重さをはかって把握しておきましょう。

KAKITANI
KAKITANI
金の買取はどれくらい重さがあるかによって買取価格が決まってきます。

訪問買取や知らないお店で売却しない

4つ目の注意点は知らないお店では売却しないという点です。

特に訪問買取での売却は注意が必要です。『不要なものはないですか?』と電話がかかってきたり、いきなり自宅に買取に来る訪問買取で金の売却はやめた方が良いです。金額が安いだけではなく重さも適当に計算されるという事例が多々発生しています。

自分で金を買取してくれるお店を調べるなど行い信頼できるお店を選びましょう。

関連記事→【リユース営業士監修】出張買取の注意点|トラブルに合わないためには

金の買取価格はお店によって違う事を理解しておく

最後5つ目の注意点ですがお店によって買取価格が違うという事を知っておきましょう。

意外と知らない方も多いのですが金もお店によって買取価格に違いがあります。どこのお店でも一緒だろうと思い比較をせずに売却すると、後でもっと高く売れたのになど後悔してしまう場合があります。

1g当たりの買取価格にそこまで差がなくても重さがあればあるほど差額は大きくなりますので数社比較するという事を忘れずに行ってください。

買取ができない場合も把握しておく

基本的に金であればすべて売る事はできますが中には買取が不可な場合、買取を断られる場合があります。どういった場合断られる可能性があるのかも知っておきましょう。

買取を断られた場合どうしたら良いですか?

買取を断られた場合どうしたら良いですか?
NAO
NAO

KAKITANI
KAKITANI
お店によって買取基準が異なりますので、数店舗行かれてみてください。

金の純度が部分によって異なる場合

まず金の純度が部分によって異なる場合です。これは結構稀なケースですが部分によって金の純度が異なるものがあります。部分によって純度が異なる場合金額の算出が難しい為買取自体を断られる可能性があります。

歯がついたままの金歯

歯がついたままの金歯も買取を断られる場合があります。金歯を買取するかどうかはお店によっても異なりますが歯がついたままですと重さが分からないため事前に歯を取ってから持って行くようにしましょう。

重量が少ない貴金属

0.1gなど重量が少ない場合はお店によっては買取を断られる場合があります。重量が少ないと金の純度を計測するのが困難な場合もあり何グラムから買取できるのかはお店によっても異なりますが1g以上あれば買取してもらえることが多いです。もしお持ちの金が軽い場合は一度買取してもらえるのか直接お店に問い合わせるようにしましょう

金張りや金メッキ

金メッキを買取してくれるお店もありますがほとんどのお店で買取が困難です。金杯など製品としての価値があれば製品の価値として買取してくれるお店は中にはあります。金メッキは金杯などに多く見られますが『K24GP』『K24GF』はメッキです。金の場合は『K24』『24K』『K24KT』などの刻印となっています。

危険なお店の特徴とは

金など貴金属の買取自体はそこまで難しくないため、ほとんど知識がない方が買取しているお店もあります。お店によっては極端に買取金額が安いお店や金の重さを誤魔化す悪質なお店あります

極端に買取価格が安いなど危険なお店の特徴、売却をやめた方がいいお店の特徴について解説します。

1gあたりの買取価格を教えてくれない

危険で売却をやめた方がいいお店の特徴1つ目は1gあたりの買取価格を教えてくれないというお店です。1gあたりの買取価格を聞いて教えてくれないお店はほとんどないと思いますが、中にはこちらは商品としての価値になりますので金の買取価格ではありませんなどを理由に1gあたりの金額を教えてくれない場合もあります。

確かに金製品の中には金としての価値だけではなく商品としての価値がつくものがあります。しかしそういった場合でも金の価値はどれくらいなど丁寧に説明してくれるお店の方が信頼できます。

KAKITANI
KAKITANI
1gの買取金額を聞いて答えてくれないようなお店での売却はおすすめしません。

重さを教えてもらえない

持ち込んだ金の重さを尋ねても教えてもらえない、もしくは大体〇〇ぐらいですなど正確な重さを教えてくれないお店は要注意です。

金の買取価格はその日のレートと重さによって決まってくるため、重さが何gあるのかは必ず確認した方がいいです。

手数料が明確に決まっていない

金買取店の中には売却時に手数料がかかるお店があります。手数料はお店によって異なりますが手数料がいくらか尋ねても商品によって異なる為正確な金額はお答えしていないや大体いくらぐらいですなど正確な数字を教えてくれないお店は要注意です。

インゴットやコインの場合は○○円でその他○○円などきちん手数料を明記しているお店の方が信用ができます。

手数料がかからないお店も多い為無理して手数料がかかるお店での売却はあまりおすすめしません。

査定員の知識が乏しい

金の買取自体そこまで難しい業務ではなく実際にほとんど知識がない方が買取業務を行っていたりします。金の中にはシナ金や足金、万金や日本ではあまり見かけない刻印のものもあったりします。きちんと調べてから買取を行ってもらえるのであれば問題ありませんが、何金か分からないからと言って適当な純度で買取されると売る側が損をしてしまう場合があります。

査定員の経験知識はないよりかはあった方が正確に買取してくれる可能性が高いですので、何か質問をしても分からないなど知識に乏しい鑑定士さんに売却する際は数社比較をするなどして買取金額が正確かどうか調べてから売るのがおすすめです。

インゴットを売る時に注意すべき事とは

金を売る時の注意点について説明しましたが金にはインゴットと言う少し特殊な形をしたものがあります。インゴットを売る時に注意して欲しい点についても解説します。

インゴットとは

 

インゴットとはバー状の形をした貴金属の塊で純度が24金、プラチナ1000で作られている事がほとんどです。テレビなどでも最も見かけるのがインゴットで重さは5g・10g・100g・1000gなど重さは様々あります。

アクセサリーのように普段使いができませんが、資産として持つ方には最適な形状で国内では田中貴金属、日本マテリアル、三菱マテリアルなどで購入する事が可能です。

海外製のインゴットは買取できないお店がある

インゴットを製造する会社は国内外様々ありますが最近では海外製のインゴットの場合買取ができないお店が増えています。その理由は密輸の問題です。

簡単に金の密輸について説明すると金相場は世界基準である程度決まっておりますが消費税のかからない国で購入して日本国内で売却した場合消費税分儲かるという仕組みになっています。

本来であれば税関で申告して税金を納めないといけませんが密輸をすることによって儲かる為密輸が増えているというのが現状です。

密輸品と知って買取した場合や処分の媒介した場合罰則が科せられる為、そもそも海外製のインゴットの買取自体を行わない買取店が増えているのが現状です。

KAKITANI
KAKITANI
お店によってルールが違いますので海外製のインゴットを買い取ってもらえるのかどうかはお店に直接確認してみましょう。

身分証の他にマイナンバーカードが必要

2016年1月以降から金の買取金額が200万以上になる場合買取店は税務署に支払調書の提出が義務付けられています。支払い調書には売却した方のマイナンバーを記入する必要がある為売る時にマイナンバーカードの提示が必要になりました。

マイナンバーを取得していない場合は買取金額が200万以下になるようにするのか、マイナンバーを持っている方に委任をする必要があります。

この記事を監修した人
KAKITANI

ブランド鑑定士歴13年。
東京都在住。東京を中心に大阪などでも買取業務を経験。現在買取専門店に在籍中。
得意なジャンルは時計、バッグ、宝石。
【所持資格】リユース営業士/ファイナンシャルプランナー3級

KAKITANIをフォローする
貴金属
モノノワ|現役の鑑定士が運営するブランド買取情報サイト