【初心者向け】K18PGとは?お手入れ方法や素材の特徴について

K18PGとは一体何なのか?18金とは何が違うのか?いまいち分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。まず18金やK18は刻印方法や呼び方の違いだけで純度は同じです。その他にも750や18Kなどと言った呼び方をされる事もありますがどれも純度75%の金の事で一緒です。

PGとは『ピンクゴールド』の事で色味を意味しております。よってK18PGとは18金のピンクゴールド素材の事です。

今回は他の素材との違いやK18PGの特徴、お手入れの方法などさらに更に詳しくK18PGについて解説していきます。K18PGについて詳しく知りたい!と言う方は是非ご覧ください。

K18PGとは?

冒頭にも説明しましたがK18PGとは金が75%含まれている18金と呼ばれる素材の色味がピンク色の金の事です。白系の金の事をホワイトゴールド(WG)と呼び金色の金の事はイエローゴールド(YG)と呼ばれます。

PGは75%の金に銅を混ぜる事によってピンク色になり細かい分量はブランドなどによって若干異なります。金の純度自体は75%ですが銅をどれくらい混ぜるかによって同じピンク色にも違いが出るのです。

18金素材のピンク色の金と言う事で間違いないでしょうか?
NAO
NAO
KAKITANI
KAKITANI
そうです!K18PGとは18金のピンクゴールド色の金の事です。

K18PGの魅力とは

18金のピンクゴールドはジュエリーや時計など割と幅広く使われている素材です。K18PGの魅力を4つ紹介します。

日本人の肌になじみやすい色味

まずピンクゴールドと言う色味は日本人の肌の色と非常に相性が良いです。肌になじみやすい色味である為身に着けていても浮かないというのがPGの魅力です。K18以外にK14、K10などでもピンクゴールドはありますがK18PGは金の含有率が多いという事もあり色味に深みもあります。

女性だけではなく男性からも人気が高い

ピンクゴールドと聞くと女性がつけられるイメージがありますが男性からも人気がある色味でピンクゴールド素材を使ったメンズ時計も多くあります。女性がつけると女性らしさが男性がつけるとセクシーでオシャレです。金と言ったら金色のイメージがあるかも知れませんがピンクゴールドは最もファッション性が高い色とも言われておりファッショナブルに金を愛用したい方に特に愛されている素材です。

18金の為強度がある

金自体非常に柔らかい素材の為24金などであれば傷や変形しやすいというデメリットがありますがK18であれば25%は銅や銀が混ぜられている為耐久性と強度が増します。K18PGを資産として持つ方は少なくどちらかと言うと指輪やネックレス、時計など製品として持つ方が多いのですが、身に着けるのであれば金はある程度強度があった方が変形などしにくい為向いています。色味も美しくそれでいてある程度の強度を備えているのがK18PGです。

混合されやすい素材との違いについて

K18PGと似た素材がいくつかありますので違いについてそれぞれ説明します。

K18PGとK18PGPの違い

一見するとかなり似ているK18PGとK18PGPですが価値は全く異なりK18PGは18金のピンクゴールドの事でK18PGPはピンクゴールドメッキを施した素材の事で金ではありません。GPとは『GOLD PLATED(ゴールドプレーデッド)』の事で金張りと言う意味です。色味も似ている為混合されがちですが価値が全く違いますのでK18PGPを金だと思って購入しないように注意をしてください。

ピンクゴールド(PG)とローズゴールド(RG)の違い

ピンクゴールドとローズゴールドの違いについてですがピンクゴールドの事をローズゴールドと読んだりもしますのであくまでも呼び方の違いになります。同じ素材で混ぜ物の割合がどうだったらPG、こうだったらRGなど具体的な決まりはありません。

またロレックスの様に“エバーローズゴールド”と言う独自の配合で変色に強い素材を作っているブランドもあります。ローズゴールドの他にレッドゴールドと呼ばれる素材もありますがピンクゴールドよりも若干赤味が強い場合が多いですが似たような色味で大きな違いはありません。あくまでも呼び方の違いになります。

K18PGと言う刻印がなければPGではない?

ピンク色の金を持っているけどK18PGと言う刻印ではなくK18と言う刻印だった場合K18PGではないのか?と思われる方もいるかも知れませんが仮にK18PGと言う刻印がなくてもピンク色の18金であればK18PGです。刻印がないからと言って価値や買取価格などが下がる事はありません。刻印自体はジュエリーショップなどに依頼すれば簡単に刻印する事も出来ます。その金の純度が何で色味が何なのか?によって呼び方や種類が決まってきます。

K18PGのお手入れ方法について

ピンクゴールドだからと言って特にやった方が良いお手入れなどはありませんが柔らかい布で拭いたり綿棒で汚れを取ったりこまめにお手入れをすると綺麗に保つことができます。また中性洗剤で洗うのもOK。柔らかい歯ブラシで軽く磨いてあげると想いの他綺麗になります。

K18は純金に比べると強度は高いですが使用に伴い細かい傷と言うのは必ずついてしまいます。傷がどうしても気になるという場合専門店に持ち込めば磨き仕上げなどを行ってくれるピカピカになります。K18PGは75%の金に25%は銅や銀などが混ざっており何らかの原因で変色を起こしてしまう場合もあります。変色した場合も磨き仕上げを行う事によって綺麗になる場合もありますので変色した際も専門店に相談してみましょう。

K18PGの相場、価値について

K18PGはK18YGと同じ価値、価格です。同じ18金と言う純度の素材でもパラジウムを使用したホワイトゴールドが最も高く2021年7月時点では1g300円ほどの差があります。

2005年時点では1g1000円から1500円の間を上下していたK18ですが現在では5700円と5倍近くになっておりこれはK18PG同様です。そのため以前は金が安かった為K10PG、K14PGなどはあまり多くありませんでしたが、現在は金の純度が低いピンクゴールドを多く見かけます。K18PGは長年使用していると金本来の色味であるイエローがかって来ることも多々ありますが価値自体に影響はありません。

この記事を監修した人
KAKITANI

ブランド鑑定士歴13年。
東京都在住。東京を中心に大阪などでも買取業務を経験。現在買取専門店に在籍中。
得意なジャンルは時計、バッグ、宝石。
【所持資格】リユース営業士/ファイナンシャルプランナー3級

KAKITANIをフォローする
貴金属
モノノワ|現役の鑑定士が運営するブランド買取情報サイト