ルイヴィトンの名刺入れの評判について。実際に使ってみた感想も掲載

この記事は約5分で読めます。

ルイヴィトンの名刺入れの評判ってどうなの?世間の評判と実際に使ってみて感じた事を解説していきたいと思います。

これからルイヴィトンの名刺入れを購入しようかと検討されている方などヴィトンの名刺入れの評判について気になる方は是非ご覧ください。

この記事を書いた人
KAKITANI

ブランド鑑定士歴13年。
東京都在住。東京を中心に大阪など各地で買取業務を経験。質屋、販売買取店での勤務を経て現在バッグや時計などブランド全般を取り扱う買取専門店に在籍中。得意なジャンルは時計、バッグ、宝石。
【所持資格】リユース営業士/ファイナンシャルプランナー3級

KAKITANIをフォローする

ルイヴィトンの名刺入れについて

ルイヴィトンには財布やキーケースなどもありますが名刺入れも製造されています。

カードケースを名刺入れとして使われる方もいますが基本的に名刺入れはマチと言う厚みがある物の方が出し入れがしやすく使いやすい為、人気です。

デザイン自体は非常にシンプルですがルイヴィトンはラインがいくつもあり名刺入れも様々なラインで作られています。形自体はよくある形ですがヴィトンならではのデザイン性がルイヴィトンならではの特徴です。

ルイヴィトンの名刺入れの評判

実際にネット上のヴィトンの名刺入れの評判などについてみていきたいと思います。

結婚して17年。

財布:元カノからもらったラルフローレン20年物

名刺入れ:元元々カノからもらったヴィトンのダミエ22年物

嫁に言ったら呆れてました…笑
特に名刺入れはまだ新品かと思えるくらい綺麗!ヴィトンすごいです。

— ぉゃっ@タス鯖 (@lowiq64) October 21, 2020

名刺入れはヴィトンが一番(丈夫)

— がるる店長 (@remind5252) November 12, 2020

ネット上ではそこまでルイヴィトンの名刺入れに関する評判について口コミはありませんでしたが、丈夫という声がありました。実際使ってみて確かに丈夫でかなり長持ちします。

実際にヴィトンの名刺入れを使った感想

実際にヴィトンの名刺入れは個人的にも数年使っています。実際に使ってみて主に3つの事を感じました。

  1. シンプルなデザイン使いやすい
  2. 特に使いにくいと感じる点がない
  3. 丈夫なため長年使える

一言で言うとかなり使い勝手がよく非常に活躍してくれました。

マチがあるアンヴェロップとタイプとマチがないオーガナイザー・ドゥポッシュを使った所使い勝手には差がありました。

どちらが使いやすいかは人それぞれですが、カードのポケット数が多い方が良いという方はオーガナイザー・ドゥポッシュを、名刺の枚数もそれなりに入れておきたいという方はマチ付きのアンヴェロップがおすすめです。

名刺入れは財布ほど使う頻度がないためそこまでボロボロになる事はあまりありませんが、特にダミエやモノグラムと言ったヴィトン独自の素材は傷がつきにくいです。

代表的なヴィトンの名刺入れ

ヴィトンの中でも代表的な名刺入れをいくつかご紹介します。

アンヴェロップ・カルト ドゥ ヴィジット M63801

モノグラムラインのマチ付きの名刺入れ『アンヴェロップ・カルト ドゥ ヴィジット M63801』

ルイヴィトンを象徴するモノグラムラインの名刺入れで定番のアイテムです。モノグラム以外にダミエ・グラフィットラインも展開されておりとてもオシャレです。

モノグラムキャンバスは多少使ってもさほど使用感が出ない為、ビジネスの場でも活躍してくれます。

アンヴェロップ・カルト ドゥ ヴィジット M62292

画像出典 楽天市場

エピラインの名刺入れ。デザインは定番ですがモノグラムやダミエのようなデザインに比べてスタイリッシュなためビジネスシーンでは使い勝手が良いアイテムです。

色味問わず製造終了していますが黒だけではなく赤や青なども製造されていました。正規ショップで購入する事はできませんがネット上では購入できますので是非探されてみてください。

KAKITANI
KAKITANI

マチ無しのオーガナイザードゥポッシュは現在もエピライン製造されています

アンヴェロップ・カルト ドゥ ヴィジット M58456

モノグラムアンプラントラインの名刺入れ。

モノグラムのデザインを革に型押ししたデザインでルイヴィトンならではのデザイン性がありながらもビジネスシーンでも使いやすいデザインです。

アンプラントシリーズは主に女性からの人気が高いラインですがメンズでも使えるデザインです。革素材を使っていますのでモノグラムラインに比べると数千円高いです。

オーガナイザー・ドゥ ポッシュ M30551

革素材を使用しているタイガライン。

オーガナイザー・ドゥポッシェもアンヴェロップと同様にルイヴィトンのカードケースでは定番デザインのモデルです。

マチがないため名刺をたくさん入れる方には使い勝手が悪く感じる可能性がありますが、逆にマチがないためスマートなデザインです。バリエーションの展開も非常に豊富で定番シリーズは基本的に展開があります。

オーガナイザー・ドゥ ポッシュ M81575

オーガナイザー・ドゥ ポッシュと言ってもこちらのM81575の様にオリジナリティあふれるデザインも豊富に展開されています。

過去にはクロコダイルやオーストリッチなど牛革以外の革を使ったモデルもありました。

KAKITANI
KAKITANI

デザインの入れ替わりが頻繁に行われている為、考えている間に販売終了になっている事も多々ありますので気に入った時は早めの購入がおすすめです。

ルイヴィトンの名刺入れの悪い点は?

ルイヴィトンの名刺入れで悪い点は特にありませんが、ブランド品を全面に押し出しているデザインのものを持っているとイメージが良くないお仕事をされている方は注意が必要です。

マルチカラーやモノグラムなどは割とヴィトンのデザインが主張されていますが、エピやタイガなどはヴィトならではのので自分の仕事スタイルに合ったラインの物を選んでください。

この記事を監修した人
KAKITANI

ブランド鑑定士歴13年。
東京都在住。東京を中心に大阪など各地で買取業務を経験。質屋、販売買取店での勤務を経て現在バッグや時計などブランド全般を取り扱う買取専門店に在籍中。得意なジャンルは時計、バッグ、宝石。
【所持資格】リユース営業士/ファイナンシャルプランナー3級

KAKITANIをフォローする
財布
モノノワ|現役の鑑定士が運営するブランド買取情報サイト