ルイヴィトンのトリヨンレザーとは?素材の特徴や評判・買取事情について

ルイヴィトンに使われているトリヨンレザー。トリヨンとはフランス語で『雄牛(おすうし)の子牛』の事を意味しており、トリヨンレザーは雄牛の子牛の革の事です。

トリヨンレザーは高級感、見た目の美しさ、丈夫さどれも兼ね備えていますのでおすすめの素材です。

今回は更に詳しくルイヴィトンのトリヨンレザーの特徴や、買取市場での評価などについてこれまで数千点以上の商品を買取してきた鑑定士と言う目線で解説します。

この記事を書いた人
KAKITANI

ブランド鑑定士歴13年。
東京都在住。東京を中心に大阪など各地で買取業務を経験。質屋、販売買取店での勤務を経て現在バッグや時計などブランド全般を取り扱う買取専門店に在籍中。得意なジャンルは時計、バッグ、宝石。
【所持資格】リユース営業士/ファイナンシャルプランナー3級

KAKITANIをフォローする

トリヨンレザーとは

出典元 https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/capucines-mm-taurillon-012812#M43935

冒頭にも説明しましたが、トリヨンレザーは雄牛の子牛の革で生後6か月から2年ぐらいまでのキップスキンに分類されます。

カーフレザーは生後6か月ぐらいまでの革の事ですがカーフレザーに比べてトリヨンレザーは成長している事もあり革は少し厚めです。

実際にトリヨンレザーを触ってみるとしっかりとした厚みを感じる事ができ、更にキメの細かさもトリヨンレザーの特徴です。

トリヨンレザーの魅力

トリヨンレザーはキメの細かさが美しく、適度な厚みがある事で存在感と高級感もあるのが魅力です。

主にバッグや財布に使われていますがどの製品も革の美しさと高級感を感じる事ができます。また色の美しさも魅力的です。定番の黒や白だけではなくピンク、黄色、青などカラーバリエーションが豊富な所も魅力的なポイントです。

革に適度な厚みがありますので特にバッグに関してはキャンバス素材に比べると重量がありますので購入の際は一度手に持ってから購入される事をおすすめします。

トリヨンレザーの口コミや評判は

実際にルイヴィトンのトリヨンレザーの製品を愛用した方から使い勝手や使ってみての感想を調査しました。

口コミ・評判
  • 型崩れもしなくて使いやすい 30代女性 
  • 少し重たいのでサイズはコンパクトサイズの方が個人的に好き 30代女性
  • 高級感があって気に入っています。 40代女性 

 

トリヨンレザーを使ってみた方の感想として良いと答えた方が多かったです。

サイズによっては少し重さを感じる方もいらっしゃるようで特に荷物が多い方は重たく感じてしまう場合もあります。

またモデルによっては定価が70万超える為、ちょっと高いという意見もありました。トリヨンレザーに限らず定価は年々高くなっていますので、価格的に購入するのに躊躇するという方も多いようです。

トリヨンレザーの買取事情について

トリヨンレザーは革を使っている事もあり定価は高い傾向にあります。ヴィトンは様々ある高級ブランドの中でも買取率(リセール)が高いブランドですが、トリヨンレザーの様に定価が高いシリーズやは買取率は若干落ちます。

ダミエやモノグラムラインなど定番ラインは中古でも半分以上で売れる事が多いですがトリヨンレザーの場合は綺麗であれば定価の半分程、使用感があると3割から4割前後が買取の相場です。

もちろんモデルやカラーによって買取相場は大きく変わりますが、定価が高いモデルは中古市場でも売れ行きが若干鈍くなりますので多少買取価格は下がる傾向です。

しかしトリヨンレザーは多少使用してもそこまで使用感が出ないという特徴がありますので多少使っても極端に安くなる事はありません。

KAKITANI
KAKITANI

様々なカラーであったりモデルが続々と登場していますので使わない時は早め早めに売却した方が高く売れる傾向です。

トリヨンレザーを使った代表的なモデル

トリヨンレザーを使ったモデルはメンズ・レディース問わずいくつかありますが、バッグを2つ、財布を2つの計4つピックアップして紹介します。

カプシーヌ

出典元 https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/capucines-bb-capucines-nvprod3030130v

1つ目はカプシーヌです。トリヨンレザーと言えばカプシーヌを想像される方も多いのではないでしょうか。

カプシーヌはカプシーヌMINI、カプシーヌBB、カプシーヌMMと言ったサイズがいくつか展開されており好みに合わせてサイズを選ぶことができます。

“L”と“V”の金具がポイントでルイヴィトンならではのデザインでショルダーストラップが付属されていますのでハンドバッグとしてだけではなくショルダーバッグとしても使う事が出来ます。

KAKITANI
KAKITANI

高級感とオシャレさを兼ね備えたバッグです。

ツイストPM

出典元 https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/twist-pm-other-leathers-nvprod2900164v

エピラインでも展開されているツイストですがトリヨンレザーでも製造されています。

ハンドル部分はレザーシュシュとなっており可愛らしさと遊び心も感じるバッグです。2022年1月時点ではピンクと黒の2カラーの展開となっています。

“V”の金具をずらすことによってフラップが固定される仕様でルイヴィトンならではのデザインです。

ポルトフォイユ・カプシーヌ

出典元 https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/capucines-wallet-taurillon-010347#M61248

ポルトフォイユ・カプシーヌもバッグと同様にLとVの金具がポイントになっている長財布です。トリヨンレザーの高級感と金具の高級感がマッチし無駄が一切ありません。

素材がトリヨンレザーと言う事もあり定価が\172,700とお財布の中では高いですが、ポルトフォイユ・カプシーヌはトリヨンレザーとクロコダイルの展開しかありません。

KAKITANI
KAKITANI

他の人とはかぶりたくない人にはおすすめの長財布です。

ジッピーウォレット・ヴェルティカル

出典元 https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/zippy-wallet-vertical-taurillon-monogram-nvprod2900084v

トリヨンレザーはレディースだけではなくメンズのアイテムも作られています。

中でも人気なのがジッピーウォレット・ヴェルティカルと言うジッピーウォレットを少し小さくした特に男性に人気のお財布です。シンプルなトリヨンレザーもありますがモノグラムの柄が型押しされたトリヨンレザーもあり、黒や青と言ったカラーバリエーションもある所が魅力です。

中古のマーケットでもそこまで流通数が多くない為、こちらも他の人と被りたくない人に特におすすめのお財布です。

この記事を監修した人
KAKITANI

ブランド鑑定士歴13年。
東京都在住。東京を中心に大阪など各地で買取業務を経験。質屋、販売買取店での勤務を経て現在バッグや時計などブランド全般を取り扱う買取専門店に在籍中。得意なジャンルは時計、バッグ、宝石。
【所持資格】リユース営業士/ファイナンシャルプランナー3級

KAKITANIをフォローする
ブランド
モノノワ|現役の鑑定士が運営するブランド買取情報サイト