ジッピーウォレットの使い勝手ってどう?【元愛用者が解説】

MONONOWA編集者のKAKITANIです。今回はルイヴィトンの定番財布であるジッピーウォレットの使い勝手について解説して行きたいと思います。これからヴィトン の財布を買おうかな?と検討している方やジッピーウォレットの使い勝手について知りたい!と言う方はぜひ参考にしてください。

KAKITANI
KAKITANI
以前ダミエラインのジッピーウォレット約5年間ほど使っていました。実際に使ってみた思った事も解説します。

ジッピーウォレットについて

ジッピーウォレットは言わずと知れたヴィトンの人気長財布です。ファスナーがついているためカードが飛び出すなどもなく、小銭入れ部分もファスナーで開け閉めするデザインです。ヴ

ィトンの定番シリーズのモノグラムやダミエ、アズール、ヴェルニ、マルチカラーはもちろん、コレクションラインや限定モデルでもジッピーウォレットは展開される事が多いほどヴィトンの中では王道とも言えるモデルです。2021年8月の時点での国内定価は¥97,900でアンプラントシリーズなど皮を使っていると10万以上します。

ポイント

メンズラインはジッピーウォレットベルティカルで通常のジッピーウォレットに比べて一回りコンパクトなサイズになります。

ジッピーウォレットの使い勝手について

では気になる使い勝手に次いですが実際に使って率直に思った事が、かなり使い勝手が良いという事です。

使い勝手が良いと思った主な理由は以下の4つです。

①サイズ感がちょうど良い

②ファスナー使用が安心

③壊れるポイントがない

④無駄なポイントがない

1、まずはサイズ感がちょうど良い事です。横が19.5センチと約20センチ。1万円札の横の大きさが16センチですのでぴったりのサイズです。これ以上小さくするとお札が少し曲がったりする可能性があります。縦の幅も10.5センチとちょうど手に持ちやすいサイズ感です。お札も小銭も結構入りますので容量も問題ないです。

2、続いて二つ目がファスナータイプであると言う点です。ボタンタイプや何もついていないタイプのお財布も使った事があるのですが、ファスナータイプが一番防犯面上優れています。ボタンタイプも中のカードが落ちたりすることはほとんどないのですが、ファスナータイプに比べるとちょっと心配です。

3、3つ目は壊れる要素が少ないと言う点です。ヴィトンの財布これまでに結構買取させていただいてるのですがボタンのタイプが壊れているものが時々あります。一方ジッピーウォレットが壊れている事ってほとんどないです。本当にたまにファスナーの横部分が破れていると言うケースがありますがごく稀です。何年も使った中古品を買取しているからわかりますね。ジッピーウォレットは丈夫です。ファスナーが固くなっているものはありますがそう言うのはすぐ直ります。

4、最後は無駄なポイントが一切ないと言う点です。デザインがシンプルですが、欲しい機能をしっかりと備えてくれています。ジッピーウォレットよりもカードのポケットが多い財布も使った事がありますがカードのポケット数をこれ以上増やすと財布自体を大きくしないと形が崩れてしまいます。そういった点でもジッピーウォレットは最適で無駄がないデザイン性です。

ジッピーウォレットをオススメしない人は?

ジッピーウォレットをオススメしない人はカード、または現金をかなり持ち歩く方です。

100万円などの大金を持ち歩くのであればジッピーウォレットはオススメしないです。またカードがかなり多い方もジッピーウォレットはあまりオススメしません。それなりにカードも入るのは入りますが形が崩れて不格好な形になります。

カードをパンパンに入れて使用すると形が崩れるなど状態が悪くなり売る時に安くなってしまう要因にもなります。カードの枚数が極端に多い方は別途カードケースを持ち管理される事をおすすめします。

ジッピーウォレットのダメな所は?

逆にジッピーウォレットのダメな所についてですが特に悪い点はありません。

長持ちもしますし人気定番モデルと言う事もあり買取の際も多少使っていてもそれなりの金額で売れます。強いて言うならメンズラインではジッピーウォレットの展開がないと言う事でしょうか。ジッピーウォレットヴェルティカルと言う少しコンパクトなサイズのモデルが展開されております。

ジッピーウォレットのサイズ感が好きな方も多い為強いて言うならこの点ぐらいでジッピーウォレットに関しては悪い点は特にありません。

古い、壊れたルイヴィトンを高く買取してもらうには?具体的な買取相場も公開
ルイヴィトンの古いバッグや財布は買取ができるのか?具体的にいくらぐらいが買取相場なのかも解説。古いものでも高く売れる方法についてもまとめていますのでこれから古いルイヴィトンを売却予定の方がぜひ参考にしてください。

まとめ

今回はジッピーウォレットの使い勝手についてまとめました。ジッピーウォレットのようなラウンドファスナー型のお財布はかなり使い勝手が良くて一度持ったらもうこの形以外の財布を持てないという方も多いです。

中でもヴィトンはヴィトンはモノグラムキャンバスという独特の素材を使っており長年使っても汚れなどが目立ちにくいのでオススメです。皮素材のシリーズは使っていくとそれなりの使用感は出ます。ジッピーウォレットの購入を検討されている方には間違いなくオススメできる財布です。使わなくなった場合もジッピーウォレットは他のモデルに比べて高く売れますのでそういった面でもオススメできるお財布です。

※かなり使い込んだブランド財布もお金になりますので捨てずにブランド買取店で買取してもらうようにしてください。

この記事を監修した人
KAKITANI

ブランド鑑定士歴13年。
東京都在住。東京を中心に大阪などでも買取業務を経験。現在買取専門店に在籍中。
得意なジャンルは時計、バッグ、宝石。
【所持資格】リユース営業士/ファイナンシャルプランナー3級

KAKITANIをフォローする
財布
モノノワ|現役の鑑定士が運営するブランド買取情報サイト