エルメスの付属品をなくした!買取価格への影響や高く売るコツとは

エルメスの製品を持っていて売りたいけど付属品がどこにあるか分からない!付属品をなくしてしまった。または中古で買った場合などで元から付属品がなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際にバーキンやケリーなどこれまでたくさんの方からエルメスの製品を買取してきましたが2割から3割ぐらい付属品がないという方がいらっしゃいます。特に20年以上前に購入している方は付属品がない方が多いです。

今回は付属品をなくしたエルメスの製品はどれくらい買取価格に影響するのか?また付属品をなくした場合にどういった事を行えば高く売れるのかなど付属品がないエルメスの買取についてまとめました。

エルメスを売りたいけど付属品をなくしてしまったという方は特にご覧ください。

エルメスの付属品について

まずエルメスと言ってもモデルによって付属品が異なります。代表的なモデルの付属品をまとめました。

バーキン

【付属品】箱・カデナ(鍵)・保存袋・クロシェット・レインカバー

ケリーとバーキンの大きな違いにショルダーストラップが付属されているかどうかと言う点があります。タイニーバーキンにはショルダーストラップが付属されていますが基本的にバーキンにはショルダーストラップはついておりません。

ケリー

【付属品】ショルダーストラップ・箱・カデナ(鍵)・保存袋・クロシェット・レインカバー

ショルダーストラップがついているケリーはこのショルダーストラップがついているかが査定額に大きく影響します。また年代によってショルダーストラップの金具の形が変化しており金具の形状によって買取価格が変わる場合も多いです。

ボリード

【付属品】ショルダーストラップ・箱・カデナ(鍵)・保存袋・クロシェット・レインカバー

バーキン、ケリーに続く人気バッグであるボリードにはショルダーストラップが付属されています。ケリーに比べてカジュアルな雰囲な為ショルダーとして使う方が多くショルダーストラップの有無は大切な査定ポイントとなっています。

ピコタン

【付属品】箱・カデナ(鍵)・レインカバー

ピコタンは2003年から製造されているバッグですが2008年頃からはピコタンロックと言いカデナ(鍵)が付くようになりました。そのため2003年から2008年まで製造されていたピコタンには鍵がついておりませんが最近製造されているピコタンは全て鍵がついています。ピコタンロックの方が買取相場は高い傾向にあります。

ガーデンパーティ

【付属品】箱・保存袋

ガーデンパーティはTTPM、TPM、PM、MM、GMとサイズがいくつかありますが基本的に箱と保存袋が付属されています。以前はTPMサイズのみショルダーストラップが付属されていましたが現在は廃止されています。生産終了のショルダーストラップが付けられる仕様は需要が高く買取り金額も高い傾向です。

エヴリン

【付属品】箱・保存袋

エルメスのショルダーバッグの代名詞である『エヴリン』。正面の“H”と言うデザインが特徴的です。カデナなクロシェットなどの付属されておらず箱と保存袋のみとなっています。

付属品をなくした場合どれくらい買取価格へ影響するのか

付属品をなくした場合でも査定額に影響しない事が多いです。新品や未使用の場合は別ですが例えば具体的に中古の場合、箱、保存袋、レインカバーがなくても査定額、買取価格に影響しない事がほとんどでカデナ(鍵)もほとんど影響しません。カデナを開ける鍵をぶら下げているクロシェットは数万円変わります。しかしクロコダイル素材や珍しいカラーの場合は10万以上査定額に影響する場合が多いです。

最も査定額に影響する付属品はショルダーストラップです。ケリー、ボリードに付属されているショルダーストラップは素材やカラーによっても異なりますがケリーの場合、通常の牛革素材で10万~20万は影響し、クロコダイルなど高額な素材になると100万以上価格に影響する事があります。

付属品がどれくらい影響するかはモデルによっても異なり、また素材や色味などによっても大きく違いますがショルダーストラップは特に無くさないよう大切に保管してください。

エルメスの付属品を新たに入手する方法

万が一付属品をなくしてしまった際。再度付属品を手に入れる方法として2つあります。

  1. エルメスに修理対応として持って行く
  2. ネットなどで付属品のみを購入する

この2つの方法で再度付属品を手に入れる事ができます。エルメスブティックでで付属品のみを購入する事はできませんが付属品をなくしてしまった場合エルメスに修理依頼として持って行けば対応してくれる場合があります。しかし付属品の種類によっては受付不可の場合もあり、またその際はバッグ自体を預ける必要があります。受付可能か預ける期間はお品物によって異なりますのでエルメスショップに確認しましょう。

もう1つの方法は付属品のみを購入するという方法です。付属品だけ売却するという方もいる為ネットなどでは付属品のみ販売されている事が稀にあり欲しい付属品があればお買い得な場合が多いです。ネットなどで購入する場合は素材や色味が一緒かはしっかりと確認して購入しないと付属品と本体の素材や色味が違うという事にもなりますので注意をして購入しましょう。

付属品をなくしたエルメスを高く売るコツや方法とは

付属品をなくした場合、査定額が安くなる場合もありますがその中でもできる限り高く売るコツ、方法を3つ紹介します。

付属品を再度揃える

まず1点目が付属品を再度購入して揃えるという点です。付属品が査定額に大きく影響する場合は再度付属品を購入するなどして揃えた方が結果的に高く売れる場合が多いです。

しかし付属品の種類によって査定額に影響しない物もありますので買取店に連絡してから揃えるかどうか考えましょう。

出来る限り綺麗にして売る

これは付属品が揃っている物にでも言える事ですがブランド品は出来る限り綺麗にした方が印象がよく見えますので綺麗にした方が良いです。バッグに保護クリームを塗られる方もいらっしゃいますがエルメスの場合クリームは逆にマイナス査定になる場合がありますのでホコリやごみを取るなど簡単な掃除でOKです。

数社査定に出す

ブランド品の買取価格はお店によって異なりますし、付属品の評価もお店によって必ずと言って良いほど異なります。A店では付属品がない場合5万円査定額が安くなると言われたけどB店では付属品がなくても査定額は変わらないなどはよくあります。特に付属品が影響する評価額はお店によって異なりますので売る時は必ず数社見積もりに出してから売るようにしましょう。

この記事を監修した人
KAKITANI

ブランド鑑定士歴13年。
東京都在住。東京を中心に大阪などでも買取業務を経験。現在買取専門店に在籍中。
得意なジャンルは時計、バッグ、宝石。
【所持資格】リユース営業士/ファイナンシャルプランナー3級

KAKITANIをフォローする
ブランド品
モノノワ|現役の鑑定士が運営するブランド買取情報サイト