電池切れの時計でも問題なし?買取不可な場合とおすすめの買取店の選び方

使わない時計をいざ売ろうと思って時計を見たら電池が切れて止まっている!時計が動いていないという経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのままでも買取してもらえるのか?電池交換をしてから持って行った方が良いのかなど、なかなか分からない事も多いかと思います。

電池が切れていてもそのまま買取してくれるお店が多いですが、価格が安くなってしまう場合もあり、またお店によっては買取できないというお店もあります。

今回は電池が切れてしまった時計はそのまま売るべきなのか?電池以外の原因で動かない理由は何なのか?など電池切れや動いていない時計の買取事情についてまとめました。

また電池切れの時計を売るにあたりおすすめの買取店の選び方などについてもまとめていますので、電池切れの時計に関して知りたいという方は是非参考にしてください。

この記事のポイント

・電池が切れている状態でも買取してもらえるのか

・電池切れ以外で買取を断られる理由

・電池切れの時計を売る際の買取店の選び方

 

この記事を書いた人
KAKITANI

ブランド鑑定士歴13年。
東京都在住。東京を中心に大阪など各地で買取業務を経験。質屋、販売買取店での勤務を経て現在バッグや時計などブランド全般を取り扱う買取専門店に在籍中。得意なジャンルは時計、バッグ、宝石。
【所持資格】リユース営業士/ファイナンシャルプランナー3級

KAKITANIをフォローする

電池切れの時計でも買取してもらえる事がほとんど

冒頭にも説明しましたが時計を買取しているお店であれば電池が切れていても買い取ってくれる場合が多いです。

その理由は電池交換がそこまで難しい作業ではない事と電池が安価で手に入る為です。

ブランドやモデルにもよりますが電池交換は比較的簡単で特に慣れているスタッフや簡単なモデルであれば数分で交換できたりもします。

ショパールなど電池交換が難しいブランドも一部あり、それらはメーカーで電池交換を行う必要がある為すぐに買い取ってもらえない、もしくは買取価格が安くなってしまう場合があります。

KAKITANI
KAKITANI
電池が切れていても買い取ってもらえる事がほとんどですので安心して買取に出してください!

電池切れの時計で買取を断られる場合とその理由とは

しかしお店によっても買取するかどうか判断が異なりますので電池が切れている場合は買取りしないという方針のお店も勿論あります。

なぜ電池が切れていると断られるのか?その理由について説明します。

電池以外の原因で動いていないリスクがある

電池以外の原因で動いていない場合修理が必要になり高級なブランドによっては数十万かかる場合もあります。

万が一買取した後に電池が原因ではなく他に原因があった事が判明した場合損をしてしまう事があります。お店側からするとリスクがある買取は行いたくない為買取自体を断る場合があります。

電池が原因で動いていないのか、別に原因があるのかは実際に電池を交換してみないと分からない為電池交換に慣れていないお店や電池交換が難しいブランドの場合断れる場合が多いです。

KAKITANI
KAKITANI
電池交換時に壊してしまうリスクがある時も断られてしまう事があります。

買取価格が電池代よりも安い場合

買取価格が電池代よりも安くなってしまう場合買取を断られる事があります。

電池自体数百円で購入できますが買取価格が1000円や2000円の場合も工賃、手間賃を考え断られる場合があります。

この場合はそのままの状態でも買い取ってくれるお店を探すか、電池を交換してから買取に出すしかありませんがどちらにしても手元に残るお金は少なくなってしまいます。

電池交換代の方が高くならないように動いている状態だと買取金額はいくらか確認してから電池交換をするようにしましょう。

特殊な電池を使っている場合

ごく稀に入手が困難な電池を使っている時計も存在します。その場合電池を手に入れる事ができない可能性もある為買取を断る場合があります。

万が一電池が特殊で入手が難しい為買取を断られた場合はメーカーで電池交換を行ってから買取に出すようにしましょう。またメーカーでも電池交換ができないと言われた場合は電池交換を専門に扱っているような修理業者を探し電池交換してもらいましょう。

電池が切れた時計の買取相場

電池が切れた状態と通常の状態ではどれくらい価格に差が出るのかいくつかピックアップして比較しました。

あくまでも参考例で状態やお店によって価格に違いが生じます。

ブランドモデル名型番通常電池切れ
カルティエタンクフランセーズSMW51028Q3¥210,000¥207,000
カルティエミスパシャW314008¥180,000¥187.000
カルティエミニタンクWB200731¥500,000¥500,000
シャネルプルミエールH0001¥90,000¥85,000
シャネルJ12H2570¥270,000¥265,000
シャネルJ12H0680¥120,000¥118,000
エルメスクリッパーCL4 210¥35,000¥35,000
エルメスHウォッチHH1.510¥80,000¥78,000
エルメスケリーウォッチ¥25,000¥25,000
グッチ1500L白文字盤¥15,000¥1,4000

電池切れ以外で時計が動かない理由

電池以外で時計が動かない理由として挙げられるのは『回路不良』です。時計内部の機会が何らかの原因で故障してしまい電池を交換しても動かないという場合があります。

電池切れで買取を持ってこられる方のうち5%~10%ぐらいの確率で電池を交換しても動かないというケースがあります。

回路不良など機械修理が必要な場合は修理代がかかりますので買取金額から減額になりますが特に高級ブランドの場合は修理代が高くなりますので何十万と安くなってしまう場合があります。

KAKITANI
KAKITANI
どれくらい減額になるかはモデルやブランド、また時計の状態などによって異なります。

電池切れ時計を売る際の買取店の選び方

  • 時計の買取を専門的に行っているお店
  • 電池切れの時計に関する知識が豊富なお店
  • 電池切れの時計も積極的に買取してくれるお店
  • 電池を交換する機材、工具など環境が整っているお店

 

1番良いのは時計の買取を専門的に取り扱っているお店で売る事です。

時計を専門的に取り扱っているお店であれば電池切れの時計に関する知識も豊富なため正確な金額で買取してくれる事が多いです。また電池を交換する道具もそろっている可能性が高いです。

時計を専門的に取り扱っていない総合リサイクルショップなどは電池交換の道具がなかったり電池切れの買取に関する知識が乏しい事があり極端に金額を下げられる場合もありますので注意が必要です。

“電池が切れている時計の買取はちょっと難しいです”と言ったように消極的なお店ではなく“電池切れの時計ももちろん買取します”と言うような積極的な姿勢で買取をするお店の方が高く買ってくれる確率は高いと言えます。

電池は交換してから査定に出すべき?

電池が止まっている時計は電池を交換してから査定に出すべきなのか、電池交換しないで査定に出すべきなのかについてですが『電池を交換しないで査定に出す』で問題ありません。

理由としては電池切れの時計でもほとんど査定金額に影響しない場合が多い為です。

電池交換自体そこまで難しい作業ではなく電池も数百円で購入できます。そのためわざわざ電池交換を行ってから持って行かなくてもその場で電池を交換し買取してくれるお店も多いです。

電池を交換してから買取店に持って行っていると余計な時間と費用が掛かってしまう事にもなりますので1度そのままの状態で買取店に持って行き電池交換してから持ってきてくださいと言われたら電池交換して再度持って行きましょう。

電池切れ、動かない時計を高く売るコツは

電池が切れている時計だからと言って安く売るのはとてももったいないです。電池が切れているだけであれば大きなマイナスポイントではありませんのでそこまで気にしなくて大丈夫です。電池切れ動かない時計を高く売るコツを紹介します。

極端に金額を下げるお店では売らない

ブランドにもよりますが電池が切れているからと言って5千円以上金額を下げるお店は避けた方が良いです。そもそも電池交換に5千円以上かかる事がほとんどない為です。

メーカーに出せば確かに金額が高くなる場合がありますが電池交換した証明などもつきお店によっては若干査定金額にプラスしてくれる所もあります。

KAKITANI
KAKITANI
極端に買取金額を下げるお店で売るのはやめて他のお店に行くか電池を交換して持って行きましょう。

電池切れに関して知識が乏しいお店では売らない

電池切れに関して知識があまりないようなお店で売るのは避けましょう。そういったお店は電池交換に慣れていない場合もあり電池交換の際に中の機械に傷をつけてしまい壊してしまう事もあり得ます。

本当は電池を交換すれば動いたのに傷をつけたから動かなくなった場合も一般の方は分からず最終的には売る側の方が損をする可能性にもつながります。

電池切れに関して知識が乏しいお店や鑑定士さんの場合は他のお店で電池交換をして持って行くなどするようにしましょう。

【まとめ】電池切れの時計買取について

以上今回は電池切れの時計買取について解説しました。電池が切れていても特に問題ない事がほとんどです。電池を交換して査定に出すかは悩ましい所ではありますが電池交換はそこまで難しい作業ではなく問題なく作業できるお店が多いのでそのまま持って行ってみてもし大幅に値段下げられるようであれば電池交換をして持って行くなどしましょう。

またパテックフィリップなど高級時計の場合は電池交換してくれない買取店も多い為事前に交換して持って行った方が良い場合もあります。あくまでもブランドやモデルによって1番良い方法が異なりますので近くの買取店にどうしたら良いか問い合わせてみてください。

この記事を監修した人
KAKITANI

ブランド鑑定士歴13年。
東京都在住。東京を中心に大阪など各地で買取業務を経験。質屋、販売買取店での勤務を経て現在バッグや時計などブランド全般を取り扱う買取専門店に在籍中。得意なジャンルは時計、バッグ、宝石。
【所持資格】リユース営業士/ファイナンシャルプランナー3級

KAKITANIをフォローする
時計
モノノワ|現役の鑑定士が運営するブランド買取情報サイト