ロレックス GMTマスター2 116710LNの買取相場と価格推移について

この記事は約5分で読めます。

2007年から2019年まで製造されていたGMTマスター2の116710LN。

2007年セラクロム素材を採用したGMTマスターが登場してから青黒ベゼルの116710BLNRが登場する2013年までステンレス素材のGMTマスターは116710LNしかなくGMTマスターの人気を支えた名機です。

生産終了して4年ほどが経過しますが116710LNの最新の買取価格相場とこれまでの価格推移をまとめました。

本記事で掲載している価格は複数買取業者の価格と市場で取引されている相場から独自に算出した数字となっています。

【PR】時計専門の一括査定サイト

この記事を書いた人
KAKITANI

鑑定士歴15年。質屋で買取販売業務に従事し現在買取専門店に在籍中。
ブランドバッグや腕時計などブランド品買取に関する情報を発信したりメディアからの依頼で雑誌などの監修も行っています。

【取材・監修実績】週刊SPA/MBS毎日放送(ゼニゲバ)
【所持資格】リユース営業士/ファイナンシャルプランニング

KAKITANIをフォローする

ロレックス GMTマスター2 116710LN 買取価格相場

116710LNの最新の買取価格相場を下記表にまとめました。

商品名中古買取価格(鏡面)中古買取価格(梨地)
116710LN¥1,620,000¥1,580,000

鏡面とはバックルの中板部分が鏡面仕上げで梨地はツヤ消しとも言われ鏡面ではなくツヤがないタイプです。

116710LNの買取相場は160万前後となっています。

製造からある程度期間経っていることから中古コンディションの個体が多く状態によっては150万付近になる場合もあります。

鏡面と梨地の差は数万円ですが年式による差もあります。2023年になってから140万前後推移していましたが5月以降徐々にあがっている状況です。

ロレックス GMTマスター2 116710LN 買取価格推移

モデル名2022年1月2022年2月2022年3月2022年4月2022年5月2022年6月2022年7月2022年8月2022年9月2022年10月2022年11月2022年12月2023年1月2023年2月2023年3月2023年4月2023年5月2023年6月2023年7月2023年8月2023年9月
116710LN¥1,400,000¥1,600,000¥1,500,000¥1,550,000¥1,600,000¥1,570,000¥1,500,000¥1,550,000¥1,500,000¥1,450,000¥1,450,000¥1,400,000¥1,400,000¥1,430,000¥1,420,000¥1,400,000¥1,450,000¥1,530,000¥1,620,000¥1,620,000¥1,620,000

ロレックス GMTマスター2 116710LNの詳細

出典 https://search.rakuten.co.jp/search/mall/116710LN/
ブランドロレックス
シリーズGMTマスター2
型番116710LN
文字盤
ベゼルカラー
ベゼル素材セラクロム
ブレス種類オイスター
ブレス素材904Lステンレススチール
ムーブメントキャリバー3186
パワーリザーブ48時間
特徴GMT針
製造期間2007年〜2019年

ロレックス GMTマスター2 116710LNの買取について

116710LNの査定ポイントは主に下記3つ。

  • 年式
  • バックル仕様
  • インデックス塗料

2007年から製造されているため、M番、V番、G番などが混ざっています。G番は製造期間が短かく流通数が少ないため今後希少価値が上がるのでは?と評判になっていますが今の所は他と変わりません。

年式にも共通していますが116710LNは2015年頃からバックルの中板が鏡面仕上げから梨地仕上げに変更されています。こちらも評価が変わる1つのポイントとなっています。

116710LNだけではなくロレックス全般ですが2013年頃からインデックスの塗料がルミノバからクロマライトに変更されています。発光継続時間にも違いがありますが、緑から青へと暗闇で光る色味も変わっています。

年々中古のマーケットでは流通数が減ってきている印象です。ベゼル、文字盤が黒の中、ワンポイントアクセントになっている緑色のGMT針は116710LNならではの特徴であり魅力です。生産終了しても変わらない根強い人気があるモデルです。

116710LNの評価が高い個体について

116710LNにはスティックダイヤルと言う数が少ない希少個体が確認されています。特にV年式に見られるもので通常のモデルに比べて20~25万ほど高く取引されています。

スティックダイヤルは文字盤の「GMT MASTER Ⅱ」の【Ⅱ】の文字がまっすぐスティック状になっている個体のことで16710など旧タイプにも見られる個体です。

KAKITANI
KAKITANI

現段階では116710LNの中で評価が高い個体はスティックダイヤルくらいですが今後評価が異なる個体が発見される可能性はあります。

GMTマスター2 116710LNの買取に関連するQ&A

Q
116710LNは保証書がない場合どれくらい査定額に影響しますか?
A

5万~10万くらい変わる場合が多いです。お店によっても保証書の評価は異なります。

Q
116710LNの定価は当時いくらだったのでしょうか?
A

生産終了モデルのため参考定価ですが¥864,000です。

Q
結構傷が多いのですが磨き仕上げをしてから買取に出した方が良いのでしょうか?
A

研磨し過ぎると時計本体が痩せてしまうこともあり個体によっても違うため一度そのままの状態で買取に出して相談してみてください。

Q
裏蓋に日本ロレックスのシールが付いていますが買取価格は高くなるのでしょうか?
A

116710Lnは今の所、買取価格の評価に差はありませんがデッドストック・ノンポリッシュに関しては評価が高いです。

ロレックスのGMTマスターを高く買取してもらう方法

ロレックスのGMTマスターを高く買取してもらう方法を3つ紹介します。GMTマスターと言ってもモデルによって異なることもありますが基本的に下記項目はどのシリーズ・モデルでも共通して言えることです。

  1. 相場が上がった時に売却する
  2. 付属品を揃える
  3. 複数の買取業者に査定を出す

相場が上がった時に売却する

ロレックスのGMTマスターを高く買取してもらう1つ目の方法は「相場が上がった時に売却する」ということです。

GMTマスターは人気・注目度が高いブランドということもあり取引相場は変動しやすく買取価格も常に変動しています。

高い時に売るというのがロレックスを高く売る大切なポイントですが、高い時期を見極めるのがとても難しいです。タイミング極めのコツとして定期的に相場を把握しておくことが重要です。

買取業者に問い合わせたり、ネットで調べたりして売りたい時計が今どれくらいで取引されているのか調べ価格があがったタイミングで売却しましょう。

付属品を全て揃える

ロレックスのGMTマスターを高く買取してもらう2つ目の方法は「付属品を全て揃える」ということです。こちらはロレックスに限らず他の時計ブランド、ブランドバッグやブランドジュエリー類にも共通して言えることです。

特に査定に影響するのが保証書。再発行ができない保証書はロレックス買取においてとても重要で買取価格を左右するポイントです。

KAKITANI
KAKITANI

大切に保管するようにして、買取の際は必ず一緒に持っていきましょう。

複数の買取業者に査定を出す

ロレックスのGMTマスターを高く買取してもらう3つ目は「複数の買取業者に査定を出す」ということです。

こちらもロレックスに限らず他の時計ブランドにも共通して言えることです、ロレックスの買取価格はお店によって必ずと言っていいほど高い可能性が違います。

販売ルートの違いやロレックスの買取に力を入れているかなど、さまざまな理由から買取価格が異なりますのでロレックスを売る時は1社ではなく必ず複数社に査定を出してから売却するようにしましょう。

【PR】時計専門の一括査定サイト

他モデルの買取相場も調べる

この記事を監修した人
KAKITANI

鑑定士歴15年。質屋で買取販売業務に従事し現在買取専門店に在籍中。
ブランドバッグや腕時計などブランド品買取に関する情報を発信したりメディアからの依頼で雑誌などの監修も行っています。

【取材・監修実績】週刊SPA/MBS毎日放送(ゼニゲバ)
【所持資格】リユース営業士/ファイナンシャルプランニング

KAKITANIをフォローする
時計
シェアする