ウブロは資産価値が高い?価格が下がらないモデルの特徴とは

サッカーのオフィシャルキーパーを務めるなど世界的にも有名なスイスの高級ブランドであるウブロ(HUBLOT)。100万円以上するモデルがほとんどですが人気が高いブランドで売る時も高く売れ資産価値が高いです。そのため資産を持つという目的で購入される方もいらっしゃいます。

今回はウブロの時計はなぜ資産価値が高いのか?またウブロの中でも価格が下がらないモデルはどういったモデルなのかについてまとめました。

ウブロの時計の資産価値に知りたい!と言う方は是非ご覧ください。

ウブロの時計はなぜ価値が高いのか?

なぜウブロの時計は価値が高いのか解説します。

最高峰の品質とブランド戦略

ウブロの時計は高級ブランドの中でも最高峰の品質を誇っており自社でトゥールビヨンムーブメントの製造もしています。壊れやすい時計であれば中古での需要が減り買取価格が下がり結果的に資産価値が低くなりますが、ウブロの時計は壊れたりする事もあまりなくその品質は高級ブランド中でも確固たる信頼を築いています。

ウブロはモデルによっては並行輸入品が定価よりも安く販売されていますがアウトレットなどでは販売しておらず極端に安く販売をしていません。定期的に限定品も製造しておりユーザーを飽きさせない所もウブロが人気ブランドであり続ける理由となっています。

他のブランドにはない唯一無二のデザイン

ケースが大きいだけであればウブロ以外にもたくさんありますが、ウブロは多種多彩な素材を組みわせた斬新なデザインが特徴的なブランドでもあります。ここまで色々な素材を組み合わせて時計を作るブランドは珍しくウブロのこだわり、オリジナリティを非常に感じます。男性に受け入れられるような男らしいデザインのモデルもあればカラーストーンをセッティングした女性からの需要が高いようなデザインまで様々で、高級な革を使った製品を扱うベルルッティとコラボしたりと他のブランドにはない時計が多くあります。

高い知名度と需要

ウブロと言えば一度は聞いた事がある!と言う方も多いのではないでしょうか。知名度が高いという点も資産価値が高い理由につながります。どんなに機能や品質が良くても認知されていないと需要が上がりにくい為です。認知度が高いと需要が高くなり中古で購入したいという方も増えますので結果的に高く売れるという事につながります。

ウブロの中で資産価値が高い。価格が下がりにくいモデル

ウブロの中でも高く売れるモデルもあれば買った時の金額からすると安くなってしまうモデルもあります。資産価値が高い時計はどういった時計なのか解説します。

高額過ぎないモデル

ウブロはトゥールビヨンやバケットダイヤ、その他カラーストーンを使ったモデルで1000万以上するモデルも多々ありますが高額なモデルになればなるほど購入時の金額と売却時の差は出ます。その理由は需要です。高額過ぎると欲しいという方がかなり限定される為買取の金額は伸びないのが現実です。珍しいという目線で見れば確かに価値はありますが売却時の価値として見るのであれば高額過ぎるモデルは避けた方が良いです。

PVD加工などブラック系のモデルは価値が下がりやすい

引用 https://www.hublot.com/ja-jp/watches/big-bang/big-bang-meca-10-black-magic-45-mm

ウブロは様々な素材を使用しているブランドで中にはPVD加工と言って部品にブラックのコーティングを施している場合もあります。黒色の素材を使っている時計は使っていくとそのコーティングが剥げて状態が悪くなってしまうと言うデメリットがありますので長い間綺麗に使いたい、売る時に高く売りたい!等であれば黒色の部品を使っているモデルはできれば避けた方が良いです。

限定品など珍しい商品は避ける

ウブロには限定モデルが多く存在していますが買取価格は定番モデルに比べると安定しておらず年々価格が下落していくモデルが多いのが現状ですので資産価値として持つのであれば限定モデルはオススメしません。限定モデルだから価値があると思われがちですが限定だから価値があるという訳ではありません。あくまでも需要が高いのかどうかが資産価値を左右します。

ウブロが高く売れるタイミングと売却方法

せっかく売るなら少しでも高く売りたいですよね。ウブロの時計が高く売れる時期と売却方法についても解説します。

売るなら円高よりも円安の時を狙う

ウブロだけではなく高級時計を売るなら通常円安のタイミングで売った方が高く売れる可能性が高いです。例えばですが1ドル100円の時に100万だったものが1ドル110円と円安になると110万で売れるイメージです。為替が相場変動をすべての理由ではありませんが為替と時計の売買はかなり関係が深いので円安の時に高く売れると覚えておきましょう。

景気が良い時に売る

景気も相場に影響します。金など現物資産は景気が悪くなるにつれて高くなる傾向がありますがウブロの時計はあくまでも時計ですので景気が悪くなると物が売れなくなる為価格は下がります。景気が良い時の方が高級時計を買う方が増えますので相場は高くなる傾向にあります。

フリマアプリではなく時計買取専門店で売る

ウブロのような高級時計はフリマアプリなどではなく時計などを専門的に取り扱う買取店で売る事をオススメします。その理由としては『トラブル』と『手数料』です。

個人間で取引をする場合どうしてもトラブルが発生する可能性があります。特に高額な物の場合はフリマアプリを使って売るのはオススメしません。もう一つが手数料です。フリマアプリなどで売却した際手数料が10%かかる事が多いですが高額な物になるとこの10%はかなり大きな金額になります。結果的に時計買取店で売った方が高く売れたなんて言う事にもなりますので手数料は今一度確認してから利用するようにしましょう。

どれくらいの金額で売れるのか?ウブロの買取価格

ウブロの買取価格はモデルによってかなり異なりますが、定価の4割前後で買取できる場合が多いです。ウブロはベゼルが平たくなっているためベゼルに傷がつきやすいデザインで実際にベゼルに傷がついた状態で買取に持ってくる方も多いです。磨き仕上げによって綺麗になりますがウブロは研磨が難しいブランドと言う事もあり1~3万状態によって買取価格は変わってきます。またベルトの状態も大切な査定ポイントでベルトの状態によって4~5万変わってくる事もあります。

並行輸入で購入されている場合は購入時の7割前後で売れる事も多々ありますので詳しい買取率や参考買取金額はこちらをご覧ください→ウブロはリセールが悪い?定価と買取率をシリーズ別に調査!

ウブロの買取相場は下落しているのか?

ウブロは一時期爆発的な人気がありました。人気が一気に上がったブランドは一定の期間が経つと飽きて売る方が増える為相場が下落してしまう傾向があります。その為ウブロも買取相場が下落したのでは?と思われている方がいらっしゃいますが結論ウブロの買取相場はそこまで変わっていません。

勿論モデルによっては価格が下がっているモデルもありますがそれは人気だけではく流通数なども影響しています。逆に以前に比べて金額が上がっているモデルもあります。コロナウィルスの影響もあり時計全体一時期価格が下落した際ウブロも下がりましたが、それ以外ここ数年大きな値動きはありません。ウブロの安定した人気が安定した価値を保っている理由です。

ウブロは今後資産価値が上がるのか?

ウブロは今後資産価値が上がるのかについてですが今後も今と同じぐらいの価値を保ち続けるのではないかと予想されています。定番のモデルはそれなりに中古のマーケットで流通しているため値段が大幅に上がる事は考えづらいですが、常に一定の需要がありますので逆に大幅に価格が下がる事も予想しにくいです。パネライのブロンズのようにかなり本数が少ないモデルで人気が高いモデルであれば価値が高騰する可能性は十分に考えられます。

この記事を監修した人
KAKITANI

ブランド鑑定士歴13年。
東京都在住。東京を中心に大阪などでも買取業務を経験。現在買取専門店に在籍中。
得意なジャンルは時計、バッグ、宝石。
【所持資格】リユース営業士/ファイナンシャルプランナー3級

KAKITANIをフォローする
時計
モノノワ|現役の鑑定士が運営するブランド買取情報サイト