【鑑定士歴13年】交渉しないと損をする時計買取時の交渉方法を教えます!

この記事は約4分で読めます。

時計を売る時って値段の交渉はした方がいいのか?そもそも値段の交渉はできるのか?できるのであればどういった流れで交渉したらいいのか?など今回は実際に買取する側の立場から説明します。うまく交渉できれば高く売ることにつながりますので是非これから時計を売ろうとしている人は参考にしてみてください。

そもそも時計買取の際は交渉が可能なのか?

そもそもですが時計の買取査定に出した際に金額の交渉はできるのかという点ですが、金額を上げてくれるかどうかはお店によって異なりますが交渉自体は可能です。むしろ交渉しないと損をしている場合があります。というのも買取店のほとんどでは少しでも安く買取したいというのが本音です。最初からMAXの金額を提示するお店は少なく、ほとんどのお店は交渉したら金額をあげてくれる可能性が高いです。

KAKITANI
KAKITANI
値段が必ず上がる訳ではありませんが絶対に交渉はした方が良いです。

交渉して金額はどれくらい上がるのか?

実際交渉したらどれくらい金額は上がるのか?についてですがこれはお店やブランド、鑑定士の方によってもかなり異なりますが平均して1割はあがる事が多く最初提示する金額が安いお店であれば3割4割上がる事も中にはあります。それほど交渉自体は大切で金額は上がります。

新宿や中野など買取店がたくさんある激戦区でなおかつロレックスなど、どこも欲しいブランドであれば最初から提示する金額が高く1割増は難しい可能性もありますが、金額は上がる場合が多いので交渉はした方がいいです。

時計買取時の交渉方法を4つ紹介

実際に時計買取の際どのようにした方が金額は高くなるのか、交渉方法や流れについて解説していきます。

①他社でも比較検討していることを伝える

まず最初に他社でも比較検討している事を伝えましょう。他社でも比較検討していると分かればお店側も安い金額を提示できないと思い査定金額が上がります。またすでに査定に出している場合金額はいくらだったか聞かれる事がありますがこの時点では金額は言わないようにして最初に金額を提示してもらうようにしましょう。

②評価が上がりそうな点があればアピールする

査定の際その時計の良い点や評価が上がりそうな点があればアピールしましょう。〇〇限定でなかなか手に入れるのが難しかったや大切に扱ってきましたなどでもOKです。アピールをして査定金額が必ず上がる訳ではありませんがアピールをして金額が下がる事は基本的にありません。またメンテナンスを行っている場合などもこの時に伝えましょう。

③金額が提示された後に他社での買取金額を伝える

査定金額を提示された後に他社ではいくらだったか伝えましょう。査定金額を提示される前に他社ではいくらだったか言うとその金額の少し上の金額しかつけてくれない場合がありますので、査定金額を提示されてから言うようにしてください。

④希望金額がある場合は金額を伝える

希望の金額があれば値段を提示された後に伝えましょう。査定金額を提示される前に希望の金額を言うと仮に希望の金額以上の値段が付けられる場合でも希望する金額しかつけられない場合がありますので希望金額は金額を提示してもらった後に言いましょう。

値段交渉が難しい時計について

値段交渉が難しい時計などは特にありません。基本的にどのブランドの時計でも交渉すれば多少なりとも金額を上げてくれる事が多いです。中には最初提示した金額から上げないというお店もありますが気軽に値段を上げてもらえないか交渉してみましょう。

やめた方がいい交渉方法について

交渉にするにあたってやめておいた方が良い交渉方法についても説明します。交渉する際には注意をして話を進めてください!

他店の査定金額を伝える際嘘をつく

他店での査定金額を伝える際に高く売りたいという気持ちから本当は他店では10万しかついていないのに15万つきましたと盛りすぎると査定する人は諦めて他店を勧める事にもつながります。多少金額を盛るのはOKですが取引相場など査定するお店は大体わかっていますのであまり金額を盛りすぎないように気をつけましょう。

横柄な態度での交渉

横柄な態度での交渉もおすすめしません。査定する人も人間ですので横柄な態度の人よりも話しやすい方の方が高い金額を提示したいと思うものです。また提示された金額が思っていたよりも安かった場合も馬鹿にするような言葉を使うと交渉しても金額を上げてくれなくなる場合がありますので馬鹿にするような態度や言葉には注意してください。

まとめ

以上今回は時計買取時の交渉についてまとめました。結論交渉は非常に大切で交渉するとしないとでは金額に違いが出る事がほとんどです。交渉自体に費用もかかりませんので是非試してみてください。値段を上げてくれないか交渉して嫌な顔をされないか?また他社での査定金額をつたていいのか?不安な方もいると思いますが他社での査定金額を伝えることに何の問題もありません。むしろ大切な交渉材料ですので気にせずにどんどん交渉してください。

この記事を監修した人
KAKITANI

ブランド鑑定士歴13年。
東京都在住。東京を中心に大阪などでも買取業務を経験。現在買取専門店に在籍中。
得意なジャンルは時計、バッグ、宝石。
【所持資格】リユース営業士/ファイナンシャルプランナー3級

KAKITANIをフォローする
時計
モノノワ|現役の鑑定士が運営するブランド買取情報サイト