A.ランゲ&ゾーネの資産価値とは?買取相場が高いシリーズについても解説

この記事は約8分で読めます。

世界5大時計ブランドの1つである「ランゲ&ゾーネ」。正確には「A.ランゲ&ゾーネ」で「ランゲ」と呼ばれることが多いです。

高級時計ブランドはスイス発祥のブランド多いですが、A.ランゲ&ゾーネはドイツの時計ブランドで1845年にアドルフランゲ氏が工房を構えたことが始まりでとても歴史が長いブランドです。

安いモデルでも1本300万以上する非常に高級な時計ブランドですが、今回はA.ランゲ&ゾーネの時計の資産価値についてまとめました。

A.ランゲ&ゾーネの時計を購入しようかと検討している方、A.ランゲ&ゾーネの資産価値について知りたい方、A.ランゲ&ゾーネの中でも高く買取してもらえるシリーズ(モデル)を知りたい方は是非参考にしてください。

【PR】時計専門の一括査定サイト

この記事を書いた人
KAKITANI

鑑定士歴15年。質屋で買取販売業務に従事し現在買取専門店に在籍中。
ブランドバッグや腕時計などブランド品買取に関する情報を発信したりメディアからの依頼で雑誌などの監修も行っています。

【取材・監修実績】週刊SPA/MBS毎日放送(ゼニゲバ)
【所持資格】リユース営業士/ファイナンシャルプランニング

KAKITANIをフォローする

A.ランゲ&ゾーネとは

出典 https://www.alange-soehne.com/jp-ja

A.ランゲ&ゾーネの資産価値について解説する前に、簡単にですがA.ランゲ&ゾーネとはどのようなブランドなのか?ブランドの特徴や歴史などについて説明します。

冒頭でも説明しましたが、A.ランゲ&ゾーネはドイツのグラスヒュッテに拠点がある高級時計ブランドで文字盤にも「GLASHUTTE」と刻まれています。

ブランド自体は1845年にアドルフランゲ氏が工房を設立したことから始まりましたが、A.ランゲ&ゾーネというブランドが誕生したのは1868年のことで、アドルフランゲ氏の息子達が事業を引き継ぎ誕生しました。

ドイツの皇帝から時計の注文を受けるなど高い技術力と信頼があり時計ブランドとして確かな地位を築いていましたが、戦争の影響で一時期国営時計会社に統合され約40年間姿を消すことになりました。

1990年にブランドが再興され、1994年に復興第一号として「ランゲ1」「サクソニア」「アーケード」「トゥールビヨン“プール・ル・メリット”」の4つのコレクションが発表し現在に至っています。

中でもランゲ1は現在も進化を遂げているランゲ&ゾーネを代表するシリーズで左右非対称なデザイン、ビッグデイト、芸術のようなムーブメントは多くの方を魅了しています。

A.ランゲ&ゾーネの資産価値について

気になる事と言えばランゲ&ゾーネの時計は資産価値が高いのか?ではないでしょうか。

結論を言うとランゲ&ゾーネの時計は資産価値が高いと言えます。

のちほど買取相場についても解説していますが、ランゲ&ゾーネは定価に対しての買取率が非常に高いです。

高級時計ブランドの場合、中古ではなく新品(定価)で買いたいという方が多いため、買取率は安くなる傾向でブランドによっては定価の3割くらいになる場合もあります。

しかしランゲ&ゾーネの場合定価の8割前後で買い取ってもらえるモデルもあります。

生産終了の過去のモデルも価格が下がるのではなくある程度一定の金額を保っているのと、数年前に比べて価格があがっている場合も多いです。

価格が上がっている理由としては、定価の改定と金の高騰、物価高騰の3点が大きいです。

ランゲ&ゾーネも定期的に価格改定が行われており、モデルによっては15%ほどあがっているモデルもあります。

ランゲ&ゾーネのように高級時計にとって15%はかなり大きい上昇で2022年10月時点で530万ほどだったモデルが現在は610万となっています。

ランゲ&ゾーネだけではなく他高級ブランドも物価高騰の影響の波から定価が上がっている傾向なのに加えて、金も価格が上がっているため金を使用している時計もその影響を受けていると考えられます。

A.ランゲ&ゾーネの高い資産価値を支えるポイント

ランゲ&ゾーネの資産価値は高いと先ほど述べましたが、なぜ資産価値が高いのか?その理由を3つピックアップしました。

  1. 生産数が限られている
  2. 他ブランドには芸術的なデザイン
  3. 歴史あるドイツブランドである

生産数とデザイン

まず1つ目は「生産数が限られている」ということです。ブランドが正式に発表している数値がありませんのであくまでも推定にはなりますがランゲ&ゾーネの年間生産本数は5000本程度と言われています。

パテックフィリップで年間6万本、オーデマピゲが4万本、ロレックスは100万本と言われていますので、他高級時計ブランドと比較しても圧倒的に生産本数が少ないです。

高い資産価値を支える2つ目の「他ブランドには芸術的なデザイン」にもつながることですが、ランゲ&ゾーネの時計は部品1つ1つが非常に繊細でクオリティが高いです。

時計が好きな方はランゲ&ゾーネの部品が好きになるとも言われているほどで1つ1つに非常に高いこだわりがあるため多くの時計を作ることができません。

生産本数が少ないため、1つ1つの時計の価値が崩れることなく安定した高い価値を保ち続ける理由になっています。

歴史と信頼

そして3つ目が「歴史あるドイツブランドである」という事です。高級時計ブランドと言えばスイスというイメージがある方も多いのではないでしょうか。

実際世界5大時計ブランド中でスイス創業ブランドではないのはランゲ&ゾーネだけでロレックスやオメガなど世界的に有名なブランドはスイス創業が多いです。

そのため特にドイツ語圏の方から特にランゲ&ゾーネは高い人気があると言われています。

また一度は戦争の影響で影を潜めた歴史がありそれを乗り越えた力強さもランゲ&ゾーネにはあります。

時計を時間を正確に把握するという機能だけではなくファッションの1部として考えられているようなデザイン性はランゲ&ゾーネならではの魅力でもあり高い資産価値を保つ理由の1つではないでしょうか。

A.ランゲ&ゾーネで資産価値が高いモデルについて

出典 https://www.alange-soehne.com/jp-ja/timepieces/lange-1

続いてはランゲ&ゾーネの中でも資産価値が高いモデルについて解説していきます。

  • ランゲ1シリーズが特に価値が高い
  • プラチナ素材よりもK18素材
  • 限定モデル

ランゲ&ゾーネの中でも人気と知名度が高いシリーズと言えば「ランゲ1」です。左右非対称なデザインでムーンフェイズ機能などを搭載したモデルなどもありバリエーションは豊富です。

今回様々なモデルの買取相場を調べましたがランゲ1シリーズが一番高かったです。ランゲ1はランゲ&ゾーネを象徴するシリーズですので資産価値が高いランゲ&ゾーネの時計を探されているのであればランゲ1がおすすめです。

しかし今回プラチナ素材のランゲ1の買取相場も調べたところプラチナ素材のランゲシリーズは定価がかなり高くなるため買取率は高くありませんでした。

他の時計ブランドにも共通している場合が多いのですが、プラチナ素材はとても高価で貴重な素材ですが重さがあるという事、定価がかなり高くなるという事からホワイトゴールド素材の方が需要が高いです。

プラチナ素材よりもホワイトゴールド素材の方が使いやすいという声もありますので、買取率が高いモデルを探されているのであればホワイトゴールド素材の方が良い場合が多いです。

またランゲ&ゾーネは限定モデルを発表する場合があります。元々生産本数が少ないランゲシリーズですので限定モデルは更に数が少なく価値が高いです。

更にブティック限定モデルは並行輸入品店で販売されず定価での販売となりますので安く購入できず価値が高いです。

KAKITANI
KAKITANI

並行輸入が安く販売されていないという事は資産価値が高いモデルに共通していることです。

A.ランゲ&ゾーネの買取相場について

ランゲ&ゾーネの買取相場をいくつかモデルをピックアップして調べました。

現在生産終了していますが、青文字盤の限定モデルは当時380万ほどの定価でしたが現在買取相場は600万を超えており非常に高くなっています。

モデル名型番素材文字盤参考定価買取相場
ランゲ1191.028WG600〜650万
ランゲ1191.032PGシルバー¥6,105,000300〜350万
リヒャルト・ランゲ232.032PGシルバー¥4,114,000200〜230万
サクソニア105.022YGシルバー180~210万
グランドランゲ1 ムーンフェイズ139.025PTシルバー¥10,351,000300〜350万
リトルランゲ ムーンフェイズ182.086WG¥7,469,000550万〜600万
1815 アップ/ダウン234.032PGシルバー¥4,939,000220〜250万

ランゲ&ゾーネのような高級時計は商品の状態、お店によってかなり買取価格に差が出る傾向で50万以上も差がでることもあります。

買取した後、どのようなルートで商品を売却するのか?販売ルートの違いが大きく買取価格に影響します。

またランゲ&ゾーネのように時計が好きな方からの人気が高いブランドの場合付属品が揃っているかどうかで50万以上買取価格が変わって来ることもあります。

KAKITANI
KAKITANI

付属品だけでも価値がありますが箱や保証書だけではなく、取り扱い説明書など含めて付属品は大切に保管するようにしましょう。

【まとめ】ランゲ&ゾーネは資産価値が高い

以上今回はランゲ&ゾーネの資産価値についてまとめました。ランゲ&ゾーネは非常に価値が高い時計ブランドで中でもランゲ1シリーズは人気があり価値が高いです。

定価が高騰していること、生産本数が少ないことからすでに流通しているランゲ&ゾーネの時計も価格が上がっています。

メンテナンス代が高額ですが定期的にメンテナンスすることでより高い価値を保ちますので、定期的にメンテナンスを行い時計の価値を保ちましょう。

【PR】時計専門の一括査定サイト

この記事を監修した人
KAKITANI

鑑定士歴15年。質屋で買取販売業務に従事し現在買取専門店に在籍中。
ブランドバッグや腕時計などブランド品買取に関する情報を発信したりメディアからの依頼で雑誌などの監修も行っています。

【取材・監修実績】週刊SPA/MBS毎日放送(ゼニゲバ)
【所持資格】リユース営業士/ファイナンシャルプランニング

KAKITANIをフォローする
時計
シェアする
モノノワ|現役の鑑定士が運営するブランド買取情報サイト